MENU

歯に着色汚れがつくのはなぜ?

歯が黄色くなったり茶色く汚れてしまう直接的な原因となっているのはステインという着色汚れです。 ステインは長年にわたる歯の汚れ、黄ばみとなります。 なかか取ることは出来ないので厄介なものなのですが、ステインが歯につき着色汚れを起こしてしまうのはコーヒーや紅茶、ワインなどの色の付いた飲み物を好み長年にわたり継続して飲んだことにより起こる場合やタバコを吸うことによりヤニが付着してしまうことにより起こります。

いずれの場合も年数を経て起こるものでいきなり色づくことはありません。 時間をかけて歯の着色汚れが起こるのです。 そのため、若い人よりも年配の人が悩むこととなることが多いのです。

歯の表目が白くるつるしているのはエナメル質があるからです。 エナメル質はぺリクルという唾液の薄い膜で覆われています。 このぺリクルがタバコのニコチンやコーヒーやワインなどのタンニンやカルシウムなどと結びつくことによって着色汚れが起こってくることになるのです。 この着色汚れであるステインは長年の食生活や生活習慣が起こしているので簡単には落とすことが出来ないのです。 ステインを落とそうと思って歯磨き粉などを使用しても即効性がないのはこのためです。

歯に着色汚れがつきやすい食べ物

歯に着色汚れであるステインが付くのは食べ物や飲み物などの影響が大きいと言われています。 タバコや葉巻などのヤニなどでも着色汚れは起こりますが、口に入れるものという点で見ていきますとどのような食べ物や飲み物が着色汚れを起こしやすいものだと言えるのでしょうか。

基本的に着色汚れを起こすのは色の付いた食べ物です。 コーヒーや紅茶、コーラにウーロン茶、赤ワインにカレーライス、ブルーベリーに醤油やソースなどとなります。 これはステインではなくても即効で着色汚れにつながってくるものもありますので人前で歯を見せる場面が多い時などは控えるようにしたい食べ物や飲み物だと言えるのです。

また、着色汚れを補助する食べ物もあります。 食べたり飲んだりすることで歯のエナメル質に影響を与え歯が着色しやすいような状態を起こしやすくしているのです。 それらに該当するものは炭酸飲料やアルコール、スポーツドリンクにミカンなどの柑橘類、クエン酸や梅干しにお酢などとなっています。 これらの食べ物と着色汚れを起こしやすい食べ物を一緒に摂るのは最悪の組み合わせだと言えるのです。

歯の着色汚れを落とすには

歯の黄ばみなどの着色汚れというのは女性でなくても男性でも気になるものです。 着色汚れを落としていくにはいくつかの方法があります。 一つにはステイン除去の専用のグッズを使用することです。 ただし、10,000円程度することもありますので心得ておかなくてはいけません。 金属音がうるさく思う場合がありますが特にタバコのヤニには効果的だと言います。

ホワイトニング専用の歯磨き粉を使用することも効果的です。 メリットは1,000円程度で購入できるので安価に始めることが出来る点ですが即効性がなく継続して使用することで効果が出てくるものとなります。 効果が出るまでに時間がかかるのが欠点だと言えます。

最も費用が安くできるのは重曹を使うことです。 ただし、食用の重曹を使用しなくてはいけません。 磨きすぎは歯を傷つけることになるので注意が必要です。 ホワイトニング 歯磨き粉 ステイン 歯磨き粉 ステイン除去 歯磨き粉 ヤニ取り 歯磨き粉 歯 ヤニ取り

歯医者でクリーニングやホワイトニングをするという方法もあります。 歯医者でのホワイトニングは即効性があり効果もありますが、人工の歯にや虫歯があると行うことはできません。 このようにいろいろな方法で着色汚れを除去することが可能なのです。

更新履歴